トイレの水漏れで多い部品のつなぎ目

水はほんのわずかなすき間からでも漏れてきます。トイレにもいろいろな機能がありますが、必要となる部品をつなげば、それだけつなぎ目が生まれます。つなぎ目は一体化していないため、トイレ 水漏れの原因になりやすく普段から注意が必要です。

■つなぎ目には負荷がかかる

トイレの水漏れの原因として多いのが、つなぎ目部分です。ほとんどの箇所にパッキンが使われ、漏れないような仕組みがとられます。パッキンは柔軟性のあるゴムで、締め付ければ隙間を埋めてくれる役割があります。この機能が時間とともに劣化し失われてしまえば、隙間ができてしまいます。劣化が進み、機能を果たせなくなったときには交換しなければいけません。
部品と部品のつなぎ目は、どうしても強い力がかかる部分です。水圧もかかるため、初めはわずかな漏れでも、そのままにしておけば徐々に漏れる量が増えてきます。早めに修理することで被害を軽減できるでしょう。

■止水栓よりも水道管側は元栓で

トイレの水漏れが水道管からのつなぎ目で起こると水が漏れ続けるため、止水栓を締めて水が漏れない状態を作る必要があります。止水栓を締めれば、水は止まりますが、問題は水漏れしている位置です。止水栓の周りで漏れてきている場合、トイレ本体側ではなく水道管側になると止水栓が役に立ちません。つなぎ目から漏れてきていても、止水栓が機能しないため、元栓を閉めて対応しなければいけないケースです。元栓を締めると家庭内にある水の供給がすべて止まりますが、確実に水漏れの被害拡大を防ぐことができるため、どこにあるのか場所は覚えておく必要があります。

■まとめ
トイレの水漏れの中でも、つなぎ目は漏れやすい場所です。パッキンも消耗品ですので、交換できるかどうかは普段から考えておくといいでしょう。止水栓や元栓も交換や修理に必須となるため、すぐに締められるのか場所も含めて覚えておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ